入社して3ヶ月が過ぎました。英語のお電話に出る機会は日本語のお電話と比べてそんなに多くありませんが、英語のお電話にも最初の頃に比べて少しずつ慣れてきました。初めは相手の言っている言葉を聞き取って理解することに時間が掛かってしまい、自分の言いたい言葉がスムーズに出てこないので言葉が詰まってしまい、もどかしい思いをすることがありました。最近は英語のお電話にも戸惑うことの無いよう冷静に対応することを心掛けています。
英語のお電話で普段気を付けていることは日本語のお電話でも同じですが、確認をしっかり取るということです。電話という相手の顔や表情が見えない状況なので誤解や間違いが起こりやすいです。相手の状況を電話から感じ取るように意識しています。
また外国語なので日本語に比べて聞き取りをすることが容易ではない傾向があります。聴き取れなかった時はその場で直ぐに「could you say that again(for me)?」ともう一度内容を確認するようにしています。日本語でも「もう一度お伺いしても宜しいでしょうか」と確認を取って、間違いがないように相手の言葉にしっかりと耳を傾け、聴く姿勢を大切にしていることと同じように、英語でも確認を取って聴く姿勢を大事にしています。
相手に自分の姿が見えないのでちゃんと話を聴いているということが伝わるように復唱をしたり相槌を打ったりして、しっかり反応をするようにしています。
また英語の電話応対で頑張っていることはノートに使える英語のフレーズをいくつかメモし、実際に英語のお電話があった際はそのノートを見て対応できるようにしていることです。それぞれの項目に分けて基本的な挨拶やよく使うフレーズや謝罪の言葉や使える単語等を分けています。
いざその状況になった時に困らないように、伝えることが出来るようにノートを見て対応しています。普段、英語を使う機会がほとんどないので、なかなか言葉が出てこなかったり詰まったりすることがあります。その際にノートを見て戸惑うことなく対応出来るようにしています。
今後も聴く姿勢を大事にして相手の言葉をしっかり理解するようにします。また、先輩たちのようにスムーズに対応出来るように、もっと英語に触れてボキャブラリーを増やして電話応対に努めます。