私が英語で受電する際に気をつけていることは、焦らず丁寧に対応することです。
現在私が英語で受電する件数は1日に1~3件と、数はそんなに多くはありません。
英語の勉強はそれなりにしてきたつもりでしたが、実際に英語でお電話をかけてこられるお客様への対応は商品のお問い合わせやお支払いについてなど日常会話とは異なるためなかなか難しく、自分の言葉数の少なさに情けないと感じることが多くあります。

お電話をしている会話の中である程度決まった言葉が出てくるとスムーズにお話ができるのですが、少しでも内容が複雑であると途端に自信がなくなり返答も短くなってしまいます。
やはり頼りない言葉だとお客様もきちんと用件が伝わっているのか不安に思われますし、質問に対して的確な答えがないとご納得いただけません。

聞き取りがうまくいかないときや、返す言葉がすぐに出てこないときなどは焦ってしまいますが、そういうときはまず落ち着いてお客様が何をおっしゃられているのか自分が何をお伝えするべきなのか、できるだけスピーディーに頭の中で整理し対応するように心がけています。

普段あまり使わない英会話ですが、お電話がかかってきたときに自信を持って応対できるように覚えておきたい返し言葉や単語を日々勉強中です。皆様もうご存知かもしれませんが、私が実際に受電したお電話の中で出てきた単語を少しご紹介したいと思います。

account…勘定 order…注文 goods…商品 payment…支払い invoice…請求書

単語だけでも覚えているとだいたい何のことについてお話をされているのかある程度理解することが出来ます。受電する前に会話文や出てきそうな単語を覚えておくことも大切ですが、実際の会話の中で出てきた内容を次に活かせるよう自分の中で整理していきたいです。お客様により良い印象を残せるよう丁寧に、そしてスムーズに対応できるよう頑張ります!!