電話では声と声を合わせて、声のトーンや速さ・大きさなどで、話している方が
どんな状況かどんな心境か読み取りやすいです。
しかし、メールや文章でのやり取りになりますと、状況や相手の様子が伝わりにくくなります。
日々受電するなか、メールでお客様からのお電話内容をお伝えさせて頂くことも
多々あります。
文書では伝わりにくいこともあるかとは思いますが、出来るだけ正確にお伝えさせて頂けるように、
受電の内容をしっかり自ら理解し出来るだけ受電通りの内容を書かせて頂いております。
また、私どもCUBEより補足で説明もさせて頂くこともございます。
例えば、“お急ぎのご様子でした。”など、電話頂いた方のご様子や状況を契約者様にお伝えさせて頂いております。
ほかにもご指示やご伝言を承ることもできます。
その際には“「、、、~。」とお伝えさせて頂いております。”などと出来るだけ正確に、
お電話の様子を伝えさせて頂くようにしております。

電話ではもちろんのことですが、メールなどの文章でしっかりご報告させて頂くために
日々言葉の勉強や伝え方、また丁寧な受電応対をすることでお電話口の方に、
電話してよかったと思っていただけるように努めている日々でございます。