尊敬語、謙譲語、丁寧語を混同して使用してしまう間違いは多くあります。
例)○手紙をご覧になりましたか
  ×手紙を拝見していただけましたか
↑この間違いはあまりないと思いますが、相手の行為には尊敬語を使いましょう。

例)○どちらになさいますか
  ×どちらにいたしますか
  ↑「~する」の丁寧語が「いたす」です。主語は自分ではないので、この場合は尊敬語を使います。

例)○冷めないうちにいただいてください
  ×冷めないうちに召し上がってください
  ↑「いただく」は謙譲語です。相手の行動なので、この場合は尊敬語を使います。

敬語を使うときは、その行為、動作の主語が誰かを確認することが大切です。
主語が相手側であれば、尊敬語を、自分側であれば謙譲語もしくは丁寧語を使います。
尊敬語を台無しにする表現は、上司やお客様、目上の人には失礼にあたるので気を付けましょう。