電話対応でのコミュニケーションとは
話していることだけが伝わっているのではなく
私たちの話している状態そのものが伝わっています。
いくら形式的な言葉を投げかけても話している声のトーンなど
お客様の目に見えていない分、気持ちが感じられなければ
お客様の心は動きません。
自分自身がお客様の立場に立って話を聞く、そして自分自身対応されて
気持ちがいいと感じる対応を目指しながら受電していく。
電話対応では当たり前のことですが今後もより一層気を引き締めて
業務に取り組んでいこうと思います。