風薫る季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
先月は、何かと新しく始まる時期でもあり、お忙しくされていた方も多かったのではないでしょうか。
最近は、過ごしやすい気温の日も多く、暖かい日が続いていますね。
だんだん夏に近づいているのだなと日々感じます。

さて、新人の私は、先日3回目の参加となるビジネスマナー研修を受講して参りました。
テーマは、「社会人・電話代行のプロとして、自己を振り返る」です。
数年前に社会人になった時の、フレッシュな気持ちを思い出しながら研修に臨みました。
基本的なマナーや、毎日の挨拶がきちんと出来ているかなど、日ごろの自身の行動を振り返る、
貴重な時間でした。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、第一印象に関する法則で、メラビアンの法則というものがあり、
視覚が55%、聴覚が38%、話す内容は7%の割合で、印象が決まるそうです。
視覚と聴覚が、印象の9割を占めているという事から、電話代行では、お顔が見えない分、
聴覚の部分で、声に気持ちを込めて話すことが大切だと改めて感じ、
スムーズなコミュニケーションを取る為にも「笑声(えごえ)」を心掛ける事の重要さを実感致しました。
基本を再確認した後は、スタッフと講師の先生で、電話対応のロールプレイングを行いました。
色々なスタッフの方の電話対応を実際に見て、参考になる言い回しや、対応例が沢山あり、
良い刺激を受けました。
状況に合わせて、瞬時に判断が出来るようにもっとボキャブラリーを増やしたいです。
敬語と、謙譲語も正しく使い分けが出来るように、日ごろの日常会話の中でも、
意識をしようと思います。
振り返りを通して、気づいた点を意識して、明日からも、お電話の向こうのお客様へ、
明るく元気なご挨拶を徹底致します。

何かと体調を崩しやすい季節でございますので、皆様お身体にはお気をつけください。