先日の2回目の研修で学んだことはCUBE電話応対のプロのスタッフとして大切なことです。
私たちに求められることはクライアント様やお客様に安心感や信頼感を与えられる電話応対です。
その為には自分の立場と役割を理解し常に目標や目的を持って仕事に取り組むことが重要だと学びました。
クライアント様とお客様を結ぶパイプ役であるという意識を持ち、
積極的に良いコミュニケーションを築くことが大事です。
コミュニケーションは相手の立場に立って会話をし、
自分の伝える言葉が相手にどう伝わるのかを考える必要があります。
研修の最後に講師とロールプレイングで電話応対を行いました。
その時に感じた事はお電話を下さる方によって臨機応変に対応しなければならないということです。
クライアント様に正確にお伝えできるように聞き取りを行い、
補足しなければならないことはこちらから突っ込んで伺う必要があります。
お客様のペースに上手く自分が合わせつつ、時には自分のペースに上手く持って行くことも必要だと思いました。
電話という相手の表情が見えない中で相手の状況を察することは容易ではありません。
だからこそ一つ一つのお電話を大切にし、常にお客様の立場になって電話応対できるように日々努力します!