こんにちは。今回は、お電話が聞き取りにくい場合に使える表現をご紹介します。日本語でも
英語でも電話の声が聞き取りにくく、対応がスムーズにいかない場合があるかと思います。
そんな時日本語であればすぐに伝えられますが、英語となると咄嗟に出て来ない事が考えられます。
いくつかフレーズをご紹介しますので、参考にして頂ければと思います。
【まったく聞こえない時】⇒I can’t hear you.
【少し聞こえにくい時】⇒I’m sorry, but it’s a little bit hard to hear you.
【相手の周りが騒がしい時】⇒I hear some noise.(大きな声で話す様になるはずです)
【回線や電波が不安定な時】⇒It sounds like it’s getting cut off.
 ⇒I think the phone is getting cut off.
【もう一度行ってほしい時】⇒Could you say that again?
【大きな声で話して欲しい時】⇒Could you speak a little louder please?
【ゆっくり話して欲しい時】⇒Could you speak a little slower please?
状況に合わせて使って頂けたらと思います。