先日、正しい言葉の活用について学ぶ研修に参加致しました。
その中で、コミュニケーションを活発にし、仕事を円滑に遂行するには、
会話を積極的に促す事が大きな役割を果たす、という事を学びました。

私たちは電話代行として、日々多くのお客様と会話します。
お客様の事をお聞きする際、「はい」という言葉を繰り返すのではなく、
相手の言葉を交えて「○○という事でございますね」とお伝えする事で、
「ちゃんと話を聞いてくれている」という印象をより相手に与える事ができると学びました。

また、こちらからお話をする際は、はっきりした言葉でスムーズに、
最後まできちんと話す事が大切だと学びました。とても基本的な事ですが、
だからこそしっかり身につけなくてはいけないと改めて思いました。

ご契約者様によっては、お客様にご説明する内容を文章でご指示頂いています。

しかし、ただ文章を目で追いながら読み上げると、
固い印象になり「読んでいる感」が強く出てしまいます。文章を読み上げるときでも、
相手に伝える、という事を意識し、表情をつけ丁寧に話すことで、
相手への伝わり方が大きく変わると思います。

これからもお客様の言葉に耳を傾け、こちらのお話もきちんとお伝えし、
よりお客様とご契約者のやり取りがスムーズにいくような電話対応を目指して頑張ります。