日々、素晴らしい先輩方にサポートして頂きながらお仕事をさせて頂いておりますが、
先輩方の力が無ければ本当に何もできなかったと感じます。

例えば、確認の仕方さえ分らなかった私でございます。
自分で確認ができたと思っても、確認が不十分な場合があります。
それは確認した事にならず、結局は意味を成しません。

自分では分っているつもりでも「いやいや分っていない」とそこまでご指摘頂かないと
実際に気づかない未熟者でございました。

頭で分かっている事と、心で分かっている事は全然違うと仕事を通して実感致しました。

例えば、お電話が遠い場合、お名前が聞き取りにくい場合もございます。
そういった際にお名前を間違ってしまうと問題でございますので誤りを防ぐ為に、
復唱確認を毎回致します。

しかし、それでも不十分な場合がございます。
そういった場合、復唱の確認の方法を改める事を致しますが、
私の場合は、いつもその方法が同じでございましたので、苦戦を強いられておりました。

そんな時、先輩方にアドバイスを頂き改めていったところ、徐々に改善に向かいました。
やはり、先輩の力が無いと自分は何もできなかったと思います。

本当に感謝です。

一辺倒になるのではなく、柔軟になって他の方のアドバイスや考え方を吸収できる人間になり、
より成長してゆく事を目的に日々頑張ってゆきます。