大寒も過ぎましたが、まだまだ寒さの厳しい日が続きます。
暖かくなったり寒くなったりの気温差もあってか、
電話をかけてきてくださるお客様の中にもお風邪を召されている方もよくいらっしゃいます。
お話しをしながら咳をされている方、鼻声、声がかすれてしまっている方などいらっしゃいます。
そういった方々に、「大丈夫ですか」「お大事にしてくださいね」など、一言声をかけるだけで、
電話の向こう側のお客様の反応もがらりと変わったりします。
電話代行で受電していると、内容は簡潔に必要な情報を間違いなく聞き取ることにばかり集中してしまい、特にこの仕事を始めた当初はそういった日常に気づく余裕がありませんでした。
電話は声だけでのやり取りとなりますが、その声ひとつで聞き取れる情報は色々あります。
お話を簡潔に済ませてしまうことばかりではなく、
言葉を交わすことの大切さをもっと考えて親しみのある対応ができるように頑張っていきます。