弊社では、電話代行業務を遂行するにあたり、
スタッフ一人一人が適切な応対法や、お客様に好印象を与えられるようなマナーを身に付けるため、
マナーセミナーを受講しております。
電話代行サービスとは、ご契約頂いている会社様宛のお電話でございます。
よってスタッフ一人一人が責任感を持ち、より一層のサービス向上を目指し、励んでおります。
その為にも、スタッフは外部のマナーセミナーを受講し、適切な電話応対や接客技術を学んでおります。
前回はビジネスメールの基本ポイント及び、
弊社でのメール連絡をご指定頂くメリットについてご紹介させて頂きました。
今回もビジネスメールの基本ポイントと、弊社での業務内容の実例を踏まえて記載させて頂きます。
まず案件名は、より簡潔で具体的な表現を用いるのが適切です。
相手側がメール数の多い方の場合、読まれずに消去されてしまう恐れがございます。
具体例と致しましては、依頼やアポイントの日時を表題に入れるのが適切です。
弊社のメール連絡につきましては、独自のシステムから送信しております。
表題につきまして通常は、お電話を頂いた方の会社名が明記されます。
しかし【ご予約】のお電話や、【求人応募】の場合は、
その旨を記載し、より分り易くお伝え出来ますよう努めております。
その他、至急を要するお電話の場合も【至急】と記載させて頂き、出来るだけ目立つように工夫しております。
弊社は出来るだけご利用頂いている会社様のニーズに応じて、
臨機応変に対応させて頂けますよう努めております。