自分が聞いている自分の声と、他の人が聞いている自分の声は違います。
CUBEに入社するまでは、
自分の声をきちんと聞くということはあまりありませんでした。
実際に入社して、録音の声を聞くと、こんな声で聞こえているのだと、
不思議な、何とも言えない気持ちになりました。

先日留守番電話アナウンスを登録する機会がありました。
お電話の応対の際はもちろん気を付けてはいるのですが、
留守番電話の場合、相手の声が聞こえない状況で、
分かりやすく、聞き取りやすい声でお話ししないといけません。

自分ではできているつもりでも、
実際に吹き込んだ声を聞いてみると、言葉の末尾が聞き取りづらかったり、
思っていたより暗い雰囲気で驚愕しました。

まだまだ力不足感が否めないので、
もっと大げさに明るく、はっきりと声を出し、
笑声での応対ができるようにしていきたいです。