先日いろいろな優しい人たちを紹介する番組を見ました。
その中でとある会社様の受電スタッフの方々の心がけを放映されていました。
まず一つ目に、常に笑顔で受電することです。
笑顔で受電することによって必然的に笑声で対応でき、お客様と対面しているつもりでお電話している気持ちになるそうです。
また、その笑顔を常にチェックするために座席の目の前に小さな鏡を置いて、
素敵な笑顔と笑声を心がけておられるそうです。
私はまだこの仕事自体を初めて間もないので、電話応対時に余裕が無くなってしまう事がよくあります。
経験不足が原因の1つではありますが、そんな時でも心に余裕を持てるように、
電話の向こうのお客様の事を思い浮かべながら受電できるよう心掛けて参ります。
普段のお電話の時でも、仕事のお電話でも、電話の向こうの方に思いやりの気持ちを持って応対していきたいです。