普段の生活の中で、話し方や声のトーンで『少し苦手なタイプだな・・・』と感じることはありませんか。誰でも、苦手意識をもってしまうことがあると思います。
顔を見て話すことが出来るなら、表情でも汲み取れるのでいいですが、電話となるとその苦手だなと思う声のみの情報しかないので、苦痛に感じますよね。
相手の声のトーンや、話すスピードを合わせることで、相手に話しやすいなと感じてもらう事が出来るということを、コミュニケーション研修の中で学びました。
いかに相手に苦手意識を持たれず、話しやすい環境にすることが出来えるか、日々奮闘中です。
ご年配の方相手でしたら、かなりゆっくりなペースでないと伝わらない場合もありますし、深刻なご相談などでお電話を下さっているのに、こちらが元気な声だと不快に感じられることもあると思います。
また、とにかく元気な声で受電してください、や笑声で受電してください等とご指示いただいている会社様もありますので、常に臨機応変に対応することを心がけています。
優しい話し方や、キビキビとした話し方など、相手に合わせた話し方が出来る様、自分は女優だ!!と暗示をかけて、ベストな電話応対ができる様、日々業務に努めてまいります。