この仕事を始めて、自分がとてもなまっているということが判明しました。
特に驚いたのは、人名のイントネーションです。
完全に標準語と思い込んでいたイントネーションが、指摘してもらい、正しい発音を聞き、違う!と初めてわかりました。
言葉づかいでは、意表を突かれた質問などを受けた時に動揺し、特になまりやすくなります。
気にしすぎるとロボットのように棒読みになってしまいますが、意識しなければいとも簡単になまります。
また、相手方のイントネーションがとても慣れ親しんだものであると、つい引っ張られてしまいます。
動揺せず堂々とした対応力を、そのようなイントネーションまで含めてできるように丁寧に取り組もうと思います。
宜しくお願い致します。