メールなどの文章で読むのと実際に喋って会話することでとらえ方が変わります。
メールでは相手の顔や表情も見えないですし、声のトーンやどのような口調で話しているか情報が少ないです。
読む相手によって感じ方やとらえ方が違うと思います。
電話応対は声しか聞こえないので、声や言葉だけで相手の印象が変わると思います。
実際に会ってお話しするときは逆に相手の声や表情など色々な情報が得られますが、電話代行では声や言葉遣いでしか印象が残りません。
しかし明るく分かりやすく話せば相手にもいい印象が残ります。
ですから、顔や表情などはお互いに見えませんが、メールと違い声でも伝えることができるので、お客様に好感を持っていただける電話応対を心掛けていきたいです。