昔は身近にあった公衆電話ですが、今はあまり見かけなくなりましたね。
携帯電話を持つ人が増える一方で、公衆電話を利用する人が減少し、
採算が合わなくなったことが原因とのことです。
そのままなくなってしまうのかと思っていたのですが、
公衆電話には公衆電話のメリットがあるようです。
災害時には無料で電話ができます。
電波の影響なく確実に電話が繋がりますので、連絡を取る手段としては重宝されます。
携帯で連絡を取れるならその方が便利かとは思いますが、
携帯は電波の状況によって全く繋がらないということもございますので、
必ず繋がる連絡手段というのは非常に便利です。
災害時に利用できるよう、必要最小限の公衆電話は残す必要があります。
ですが、それ自体で赤字になるのは考え物です。
難しい所かとは思いますが、緊急時に必要なものと考え、
何らかの方法で残していけるように対策してもらえたらいいですね。