お電話口の相手様のご要望に対し、迅速に最前の対応を行うためには、
対応策についてたくさんの引き出しが必要不可欠になってきます。
クレームや私たちではお答え出来ない内容の際は、とくに必要です。
とてもご立腹の客様には、誠意を込めて謝罪をするほかに、
さらに気分を害することのないよう、言葉使いもとても慎重になります。
どのような内容のお電話がくるのか、どのような質問がくるのか、
いつでも想定し、パターンをある程度用意することが大切で、とても重要です。
ある程度引き出しを準備しておくことで、様々な場面に対して対応することができます。
引き出しの数がとても豊富な先輩方の応対能力には日々感心、尊敬しております。
すぐに身に付くものではないので、日々努力が必要です。
1日でも早く先輩方に近付けるよう、頑張ります。