以前勤務していた会社では、製品の取扱説明書の英文作成を担当していました。
当時は専門機器を扱っており、製品の仕組みや専門用語を使用して
1つの英文を作成することに時間を掛けて作成していました。
読み書きが苦手な私にとって苦痛な作業では有りましたが、気付いた事がありました。
「高い英語表現力は不要」という事です。
それまではTOIECの高スコア取得ばかりを気にしており、一生懸命文法の勉強をしていました。
もちろん最低限必要な文法表現は有りますが、何が一番大切なのか、ということを考えると
「誰にでもわかる表現」という事です。
最近の英語のお電話は英語圏のお客様よりも、アジア圏のお客様の方が多いように感じます。
今後海外へビジネス展開をご検討されるお客様は
「誰にでもわかる英会話」を意識してみてはいかがでしょうか。