繰り返し技法は、相手の話した【言葉】をそのまま反復する技法。【内容】ではなく、そのままの【言葉】を繰り返す点がポイント。言い換え技法は、相手の話の【内容】を言い換える技法。尚、【言葉】でも不正解ではない。感情の反映技法は、言葉通りに相手の言葉のなかの【感情】を捉えて反射する。組み合わせを考えると、2が最も適切。
したがって、2が正解です。