お電話をお受けしていると、外国人からのお電話をお受けする事がございます。
片言の日本語でお話しして頂くのですが、
お話し頂いている内容がすぐに理解が出来ない事も稀にございます。
そんな時は出来る限り分かりやすくはっきりとした声で質問して、
内容が理解できるまでお話しをお伺いします。
相手の方も、全てが一回で伝わらないと理解した上でご連絡頂いておりますので、
根気よくお話しして下さいます。
何度お伺いしても完全には理解できない事もございます。
その場合でも録音を確認させて頂いた上で、
出来る限り内容を確認させて頂き、ご連絡させて頂いております。
最初お受けした際は、何を言っているか分からないと感じ、
耳を傾ける事自体が出来ていない事もありましたが、
今は、聞こうとする意志を持つことで、
ご連絡頂いている内容を理解できるようになりました。
まずは、耳を傾ける事、そして、根気よく確認をすることで、
お話をある程度は理解する事ができます。
通常のお電話はもちろんですが、外国人の方からのお電話も、
聞こうとすることが大事なのだと思います。
今後もその姿勢を忘れずに、応対をしていきたいです。