お電話頂いた内容は、ほとんどの会社の方へメールでご連絡させて頂いております。
ご連絡をさせて頂く際、聞き取りに加えて誤字・脱字がないよう、
お送りする前に確認させて頂いた上でご連絡させて頂いております。
ですが、お送りした後に確認すると、誤ってお送りしている事がございます。
同じような読み方でも数種類漢字の表記がございますので、変換する際は注意が必要です。
また、一度誤変換をしてしまうと、パソコンがその変換を記憶してしまい、
その変換が出てくることが多々あります。
できれば出てこないでほしいとは思うのですが、なかなかうまくいかないものです。
タイピングのスピードはある程度は付いてきましたが、
簡潔に分かりやすく間違いのないようにお送りするというところはまだまだ勉強中です。
ミスを少なくするためには、一度に変換する文字数を減らす事、
一度修正したようであれば、修正した箇所を再確認する事が重要なようです。
スピードも重要ですが、正確性を増すべく、
変換、修正時の確認も怠らずに対応していきたいと思います。