電話応対では相手の方のお顔が見えない為、声から伝わる表現が唯一の情報であり、声が印象の大部分を占めます。声の調子に気を配り、相手が話しやすい雰囲気を作ることがとても大事です。その為CUBEでは「笑声」を徹底しております。自分自身の表情が声に反映されて相手に伝わります。無表情では相手に不快な印象を与えてしまいかねますので、必ず笑顔で応対しております。
また声の情報だけでのやりとりになりますので、お互いが正しい情報を共有しなければ間違いのもとになります。それを避ける為にあいづちや、おうむ返し、ポイント的に復唱をして相手にも確認をとり、正確に聞き取るよう気を付けております。こちらが基礎なのですが、本当にこの基礎が電話応対では大事です。相手の方によっては一方的に話をされて確認も取れず切れてしまう事があります。
この仕事を始めてもうすぐ1年経ちますが、まだまだ不慣れな事もたくさんあります。今後も1本1本相手の方に気持ちよくお切り頂けるよう基礎を忘れず、またもっとより良い応対が出来るよう努めていきたいと思います。