受電をさせて頂く際、出来るだけお客様に手間が掛からない様に用件をお伺いさせて頂いたり、お伝えをさせて頂く様にしています。
例えば、お名前をフルネームでお伺いさせて頂く場合。
この場合は最初にお名前をお伺いさせて頂く際に
「お名前をフルネームでお伺いさせて頂いても宜しいでしょうか」とお伝えさせて頂きます。
通常は「お名前をお伺いさせて頂いても宜しいでしょうか」とお伺いしますが、フルネームをお伺いさせて頂く場合は最初からフルネームで、とお伝えさせて頂きます。
当たり前の事かも知れませんが、これが意外とお客様の手間を減らす事になるのです。
私自身もですが、名前を聞かれると名字しか答えません。
フルネームで、と最初に聞かれるとそのままフルネームをお答えしますが、そうでない場合は皆さん殆どの方がフルネームで名乗る事は無いと思います。
もし最初にフルネームで、とお伺いさせて頂かなかった場合、お客様が名字をお答えになられた上で、再度「フルネームでお伺いさせて頂いても宜しいでしょうか」とお伝えする事になり、お客様も名字をお答えくださった上で、フルネームを伝え直さなければならない事になるのでお客様に手間を取らせてしまう事になります。
ちょっとした事ですが尋ね方に工夫を凝らして、お客様に気持ち良くお答えして頂ける様に日々試行錯誤して参ります。