お電話でお伺いした内容は、間違いのないように聞き取りをして御連絡させて頂くべく、
内容が多い場合、複雑な場合などは、聞き取り時のメモ、録音の内容を確認した上で、
御連絡させて頂いております。
ただ、確認させて頂く前にお電話をお切りになった場合、
何度かお伺いし、録音を確認してもどうしても聞き取れなかった場合などにつきましては、
その言葉をインターネットで検索するなどして、御連絡させて頂くようにしております。
お調べしても分からない場合につきましては、カタカナで記載させて頂き、
確認させて頂きましたが、分かりかねた旨をご連絡させて頂きます。
特に法律事務所様のお電話につきましては、
専門用語が多々出て参りますので、
聞き取る際はより注意をして確認をするようにしています。
そのように検索をしていると、これはこういう意味だったのかと、
新たな発見もあり、勉強になります。
たくさんの会社様が契約されており、業種も様々ですので、
普段耳慣れない単語をお伺いする事も多々ございます。
そういった場合でも、契約頂いている会社様の一員としてお電話に出られるよう、
1件、1件のお電話を大事にしながらお電話をお受けしていきたいです。