お電話をお受けする中で、間違って別の会社にかけて来られる方が稀にいらっしゃいます。
業務内容や会社名をお伝えして、合っているかどうか確認をするのですが、
場合によっては判断を付けにくいことがございます。
お電話頂く方によっては、かけた所が合っていると思われている前提でお話しをされ、
間違っているのではないかとお伝えしても聞く耳を持って頂けない事もございます。
ご契約頂いている会社様にも、お電話頂いた方にも最小限の手間で終わらせられるよう、
お電話頂いた際のお話しをお伺いした上で、判断をしていかなければなりません。
たくさんの会社様をお受けしていると、お話しをお伺いして折り返しという対応で、
そのままお受けしてしまう事が何度かありました。
よくよく考えれば判断のできることが、判断が出来ていなかった為、
ご契約頂いている会社様にもお電話頂いた方にもご迷惑をおかけしました。
お電話頂いた際、まずはお名前とご用件をお伺いする事、
そして、お伺いした上で、内容によっては本当にその会社様宛なのかどうかを判断する事。
たくさんのお電話をお受けしておりますが、
間違い電話に対しても滞りなく対応できるよう、
意識しながらお電話をお受けしております。