同じ電話応対でも、滑舌が良い人と悪い人では、印象が大きく異なります。
初めの頃より改善されているとは思うのですが、度々自分の滑舌の悪さを痛感します。どんなに明るい声を出していても、伝えたいことが伝わらなければマイナスイメージになってしまいます。
自分が相手に伝える側になった時は、相手の方が聞き取れなくて再度聞き直されることがないよう、普段よりゆっくり一音一音はっきり聞こえるよう意識して応対しております。
私共は相手の表情が直接見えない、電話という言葉でのコミュニケーションしか出来ません。その中でいかに良い印象持って、気持ちよくお電話をお切り頂けるか常に考えて取り組んでおります。
またお客様が私共の応対で持った印象は、ご契約頂いている会社様へ持つ印象と一緒です。
お客様に気持ちよくお電話をお切り頂くことはもちろん、ご契約頂いている会社様にも安心して電話応対を任せて頂けるよう、今後も一本一本責任を持って応対させて頂きます。