最近はだいぶコツがわかってきましたが、いまだに判断出来ずに悩まされているお電話があります。
それは営業のお電話です。
しつこい営業のお電話だとなかなかお切り頂けず、電話回線が埋まってしまう事がございます。
他のお客様からのお電話が取れず、通常業務に支障が出てしまう事に困り、弊社の電話代行をご利用頂いているクライアント様もいらっしゃいます。
私共も長時間お時間を取られない様に、瞬時に営業か否かを判断する必要があります。
しかし、「やり取りございます」や「社長様にお話しているので繋いで頂けたらお分かりになります」等、とても判断が難しいお電話もあります。
最近では、個人のお問合せを装った営業のお電話なんかもあり、まんまと騙されてしまいます。
判断が難しいお電話は必ず内容をお伺いし、過去の受電の記録でカウントから除外されているかを確認する様にしております。
それでも判断出来ないお電話の場合は、クライアント様に確認のメール等をお送りし、営業とご指示を頂いた場合は、次回からお繋ぎしない様に社内で統一させて頂き、私共でお断りをさせて頂いております。
このブログを見ている方で、営業電話に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度電話代行を検討してみてはいかがでしょうか。