日々の業務を遂行していく中で、どのようなスタッフになりたいかというビジョンを明確に持つことの必要性を感じました。
知識・対応・処理スピード・機転と全ての能力において特化することが勿論理想であり目標ですが、
「自分の強み」を持つという事も自己のアイデンティティーを確立するため為に必要だと思います。
それは自分の自信に繫がり、仕事への遣り甲斐やレベルアップへも繫がります。
そしてそれぞれが自分の強みを持つことで、他のスタッフの弱みをカバーすることが可能になり、またその逆も然りだと思います。
私は自分の性格や、これまでの業務の中から自分の強みについて考えた時に、「電話対応の質」を特に強みにしたいと思いました。
毎日様々なお客様からの受電があり、中にはお急ぎの方や、ご立腹の方、お悩みの方もたくさんいらっしゃいます。
そのようなお客様方に、少しでも印象良くお電話をお切りいただきたいと考えております。
また、ご注文のみや、お電話の引き継ぎのみのお客様でも、笑声で丁寧な対応を心がけており、電話という直接相手の表情や状況が見えない中で、声だけでの応対で如何にご満足頂けるか日々業務の中から学び吸収しております。
私どもの対応がお客様にご満足いただけるという事は、ご契約させて頂いている会社様へのお客様からの信頼やイメージのアップになるということです。
その重大さや責任を常に意識して、今後も精進していきたいと思います。