電話代行という仕事は、様々な業種の方から、又は個人の方からのお電話を受けるのですが、色んな業種の会社様、事務所様からご契約をいただいていますので、お伺いする内容も多岐に渡ります。
会社様によってご指示いただいている対応方法も様々なパターンがあります。
時にはイレギュラーな質問や、予想外な内容のお電話を受けることもありますが、どのような場合でも柔軟かつ的確な対応をこなす先輩方にはいつも勉強させていただいています。
予想だにしない内容のお電話を受けたとき、当初私はよく戸惑ってしまい、柔軟に対応する事がなかなかできませんでした。
そんな時、「こちら側の話し方がしどろもどろになってしまったり、あやふやな返答をしてしまうと、お電話をかけてこられた方が不安がられてしまいますし、不信感を与えてしまいますよ。」と先輩から教えられました。
指摘を受けて、ハッとしました。
私自身も、どこかの会社やお店にお問合せのお電話をしたりする事があります。
確かにその際に、電話を受けた方からあやふやな返答をされたら、「大丈夫かな。」と不信感を抱いてしまうな。と思いました。
先輩方の電話対応を聞いていると、どのような時でも明るくハキハキした声で対応されています。
私たちですぐにお答えできない内容でも、お電話をかけて来られた方に安心感を持っていただけるよう、先輩方の対応をお手本にしながら、質の良い電話応対を日々、心掛けています。