「自分ばかりが焦って、相手が何を伝えたいのかをきちんと聞き取れていないんじゃない。
 そんな状況では何回とっても相手は不安になってしまうよ。」
そう言われてから、次のことを意識するようになりました。
出る前にまず一呼吸し自分を落ち着かせる。
よく考えれば単純なことですが、これができるようになってから、いただいたお電話に対して、的確に対応できるようになりました。それからというもの、電話に対する苦手意識はなくなっていきました。
 そんな私が、今はたくさんの企業様のお電話を受ける立場になりました。昔の自分から考えると予想だにしないことでした。毎日様々な内容のお電話をお受けして、時には頭がパンパンになりながら、相手が伝えたいことを必死に聞き取ろうとしています。どこで電話を受けたとしても、相手が伝えたいことをきちんと聞き取り、応対するというスタンスは変わらないのだと実感しました。
 とはいえ私はまだまだ半人前です。先輩方の優しく丁寧な指導を受けながら、より多くの方に安心して電話を任せていただけるよう、日々勉強しています。人と対して話をするという意味では、直接会っても、電話であっても、必ずこれという正解はないことを念頭において、一人一人の方に一番いい応対ができるようにこれからも勉強し続けていきたいと思います。