電話の受け答えは、相手の顔が見えないですから難しいです。
電話での会話で気をつけたいのは、普段の会話よりもゆっくりはっきり話すことに気を付けます。こちらがゆっくり話せば、相手も早口でまくしたてたりしづらいもの。緊張して焦ってしまう気持ちになりますが、心に余裕をもって、落ち着いて電話にのぞむようにしています。電話に出たときに、「おはようございます」といった挨拶や「お電話ありがとうございます」といった一言を付け加えるだけで、こちらも相手も少しリラックスできるのだと思いました。
電話の応対で決して忘れてはならないのが、要件の復唱です。相手の会社名、お名前、用件をきちんと確認することが大事だと思っております。メモも必ず残すようにしています。 .
確実、正確な応対を心がけております!