話す順番は電話応対だけでなく、通常のコミュニケーション時でも大事な事です。
話す内容は同じでも前後するだけで受ける印象が異なります。
例えば…
□更に良いプランに変更するにはあと1万円必要です。
 ⇒あと1万円すれば、更に良いプランに変更する事ができます。
□彼女はとても美人ですが、性格に難ありですね。
 ⇒彼女は性格に難ありですが、とても美人ですね!
このように言われた場合どっちの方に会ってみたいですか?
メリットとデメリットを両方説明する場合は、最初にデメリットを話して
後からメリットを話した方が、全体が良い印象になる効果があります。
サービスや商品等を説明する時にもこのように話すと、
相手はもっと話を聞きたいと思ってもらえるそうです。
是非電話応対時には、コミュニケーションの際に意識してお話できればと思います。