お話をお客様からお伺いする際に黙って聞いているだけではなく、相槌をします。
しかしその相槌とはとても深いと思います。
『はい』1つでも、『はいっ!』『はい?』『はい〜』『はーい』等といろいろあります。
この『はい』でも感情を表す事ができます。
相槌をすればいいという訳ではなく、単調な『はい』だけだと表情がありません。
またタイミングも相手側が欲しい時に相槌を打つようにしなければなりません。
お客様と声がかぶらないように、聞いているという合図の為に答えます。
更に『はい、さようでございます。』『はい、かしこまりました。』等と答える事もできます。
相手が何を求めているか、何に対してお困りなのかを聞き出そうという意識で
上記のようにタイミングよく表情豊かに相槌をうつ事が必要になります。
電話では顔が見えない分、このような細かな部分から相手にとってより良い応対ができればと思います。