電話代行の必要性を考えてみます。
会社宛にかかってくる営業や間違い電話の全てに対応していては、業務に支障がでる可能性もあります。
怪しい内容のお電話や間違い電話も少なくありません。
しかし、間違い電話の多い会社の場合「また間違いだろう」と思い電話にでると実は大事な取引先の場合もあります。
その場合、相手先の方に不愉快な思いをさせてしまうこともあります。
このようなことにならないように私たちがお電話に対応することにより、常に大事な取引先の会社様や新規のお客様に対応することができます。
メールにて電話内容を報告することにより、出先にいても内容を確認できたり、書面にて電話番号等を残すこともできます。
電話代行を利用することにより業務がスムーズに進むのではないかと思います。