社会に出ればビジネスシーンで電話を取る事が必ずあると思います。
その電話応対の際にどのように話せば良いかわからない、相手の応対に違和感があった等経験が一度はあると思います。
よくある状況を以下に記載してみました。
適切な言い方の確認をしていきましょう。
●相手の声が聞こえにくい。
『すみません、お声が小さく聞き取れません。』
⇒聞こえにくいのを『声が小さい』と相手の責任にしている。
正しくは『申し訳ございません。お電話が少々遠いようですが。』
●担当者が外出していて、戻り時間がわからない。
『すみません、(戻り時間は)伺っておりませんので、わかりません。』
⇒これでは身内に対して尊敬表現になっている。
正しくは『申し訳ございません。戻り時間はわかりかねますが、、、』
●課長に『明日電話する』と伝えといてと言われた。
『課長が明日連絡すると伝えるようにとおっしゃいました。』
⇒そのまま伝えるのではなく、「おっしゃった」は尊敬語なので不適切。
正しくは『課長の○○が明日ご連絡を差し上げると申しておりました。』
続きは次回2へ。